過払い金おすすめ業者ランキング
司法書士法人麿法務事務所
麿法務事務所
過払い金を調べてみませんか?
北九州で過払い金を相談するなら麿法務事務所がお勧めです。 九州地方各県で無料相談会を開催中です。 サイトから電話での相談もできるのがポイントです。 女性専用ダイヤルもあるので女性の方でも気軽に電話ができます。
支払い方法
分割での支払いが可能!
報酬について
減額報酬はありません
サポート体制
司法書士5名体制でサポート
対応地域
九州・山口・中国地方の各地で出張相談会開催
女性にも安心
女性専用ダイヤルで女性が対応
プライバシー
秘密厳守!
おしなり法律事務所
債務整理分野で豊富な実績
長年にわたり消費者金融などからの借り入れや返済を行っている債務者の場合、本来なら元本に当てるべき金額を利息として払いすぎてしまっていることがあります。金額をきちんと計算し、利息(過払い金)があれば弁護士が手続きを行ってそのお金を取り戻し、債務の状態を改善してくれることがあります。返済期間が5〜7年以上の場合は過払いの可能性が高くなります。
無料相談
実施中
対応地域
全国対応
実績
債務整理で豊富な実績
報酬金
お問い合わせください

過払い金請求について

あなたの身近にある消費者金融。CMもやってるし クリーンなイメージを持たれているかもしれませんが実はそれが 落とし穴なんです。

わずか10年足らずで生じた格差社会の狭間で

 

駅を降りれば、消費者金融のド派手な看板が乱立し、テレビをつければ歌って踊るサラ金のテレビCMが連続して流れる。こんな世に、いつからなったのでしょうか。実は、この7、8年の間に起きたことです。  サラ金が空前の利益を上げている一方で、リボ払いでいつ終わるともしれない借金の返済を続ける借り手。  まさに格差社会の縮図です。  しかし、どうして、わずか10年足らずの間でこんな格差が生じたのでしょうか。

消費者金融も「しょせんはサラ金」

 

日栄(現ロプロ)の「腎臓売れ、メンタマ売れ」の取立ては、皆さんも記憶に残っているでしょう。アイフルは、取立ての電話で「サラ金なんだからぁ。あーっ、しょせんはサラ金」と激しい口調でガナリ立て、ついに2006年7月に全店舗一時営業停止の行政処分を受けました。

過払い金はクレジット会社でも発生する?

現代社会においてキャッシングを利用している人は50000人以上と言われています。 それくらいキャッシングは身近になっています。しかしそれが落とし穴だったのです。

クレジット会社も苛酷な取立て

 

大手スーパーが扱っているクレジットカード会社は、離婚して6歳をあたまに3人の子どもを抱えているパートの女性の職場に電話をかけ、毎月7万円しかない給料の差押えを嫌がったこの女性に毎月1万円を支払う約束をさせました。女性は半年後に自己破産の申し立てをしました。  これが、消費者金融、サラ金、クレジット会社の真実です。

借りた金は返すもの。利息は支払うもの

 

こうした厳しい取立ても、「貸した金」の回収ならしかたないという考えもあるでしょう。  しかし、「違法な利息」を取るための取立て=「追込み」だったとしたら…。  借りた金は返すものですが、利息は「返す」ものではありません。「払う」ものなんです。この違いをお分かりいただけますでしょうか。  貸した金の返済を受けることは、なんら違法ではありません。  しかし、「払う」利息は、法の定めた範囲内でのみ合法なのです。食べるためのお金に事欠けば、将来払う利息が100%だろうが1000%だろうが人はお金を借りてしまいます。こうした人間の弱みをカバーするために、利息制限法は利率を厳しく「価格統制」し、20%を超える利息の支払いを無効としたのです。しかし消費者金融業者は、29.2%を超えないと刑事処罰を受けないことをいいことに、20%~29.2%の狭間=グレーゾーン金利で営業を続けています。  利息制限法の定める法定金利を超えて消費者金融業者が支払い受けたお金はすべて違法な収益であり、借り手は支払ったお金をただちに返してもらえる権利があります。その返してもらえるお金は、消費者金融に払いすぎたお金であることから「過払い金」と呼ばれています。

消費者金融の過払い金について

消費者金融はサラ金と何ら変わりません。利息だけで不正に請求をして 利益を得ています。ただそのお金は返還請求をすることができます。

消費者金融の利息は、昔も今も違法。

驚くことに消費者金融は、現在もこの違法な金利で貸付けをしています。  消費者金融を一度も利用したことのある人は2000万人、今でも消費者金融に返済を続けている人は1400万人います。平均の借入期間は6.5年、10年以上借入れと返済を続けている人は3割近くになります。消費者金融は、これだけ多くの人々に長期間にわたって違法な金利で貸付けをし、返済をさせてきました。そして、違法に貯め込んだ過払い金は、業界全体で10兆円を超えています。  この理不尽を、このまま放置しておけません。

借金はもうなくなっている。

 

消費者金融との借入れと返済が、6~7年続いていれば借金はなくなっています。それ以上、長く消費者金融とつき合いが続いている人は、返す必要のないお金をサラ金に返済しているのです。10年間、消費者金融と貸借りを続けていると50万円近い過払い金が発生しています。  すでに返済が終わって、過払い金が発生している借り手の数は800万人を超えます。50万円以上戻ってくる数は、なんと500万人に及びます。  消費者金融業者は、利用者の無知をいいことに、違法な金利で貸し付け、返済を続けさせているのです。

過払い金は行動を起こさなくてはだめ

ここまでの話を聞いて過払い金のことを少しでも分かっていただけましたでしょうか?ただこの過払い金請求は行動を起こさないと何も始まりません。 まずは行動を起こすことが重要です。

黙っていても戻ってこない。自分の借金を見直そう

 

もし、あなたが消費者金融と3年以上借入れ返済を続けているのであれば、自分の返済を見直してみるべきです。借金は減ります。  しかし、消費者金融業者は、違法な収益であることを知りながら、開き直って今も違法金利で営業を続けています。  こんな消費者金融業者が、すすんで「余分に受け取ったお金があるのでお返しします」などと言ってくるはずがありません。過払い金を払ってもらえる権利のある800万人の借り手一人ひとりが自らの権利を自覚して、立ち上がり、請求書を送りつけるほかありません。

過払い金の回収は、実効性のある「再チャレンジ」

 

今のある格差は、公正な競争、合法的な経済活動の結果生じたわけではありません。多重債務に陥り「負け組」に追い込まれている借り手は、消費者金融の違法金利の被害者ともいえます。  ところが、消費者金融への返済に四苦八苦していた借り手にも「再チャレンジ」の機会が与えられました。それが「過払い金の回収」です。

グレーゾーンがなくなっても、請求はできる

 

2006年秋の臨時国会で、法律が改正されてグレーゾーンは廃止されることが確実となりました。しかし、グレーゾーンの廃止によって、消費者金融が貯め込んだ過払い金の10兆円の返還義務がなくなることはありません。  この本を読んで少し勉強をして、高金利から自ら解放するきっかけをつかんでください。そして、払い過ぎた借金を取り戻して消費者金融に一泡ふかせましょう。

過払い金業者ランキング
司法書士法人麿法務事務所
麿法務事務所
おしなり法律事務所
おすすめ記事

記事がありません

表示する記事はありませんでした。